六甲ガーデンテラス内にある三分一博志氏設計の自然体感展望台『六甲枝垂れ』に行ってきました。

自然エネルギーを活用した建築で、展望台という機能を超えて、季節や気象によって異なる自然の効果を体感できるようになっています。全体的には一本の大木を感じさせる作りですが、その幹の内部では煙突効果により換気が行われ、夏は涼しく過ごせるようになっています。逆に太陽熱を取り込んで冬には温かく過ごせる陽室というのもありました。また葉を思わせる部分は、樹氷が作られるよう意図されているようです。

展望台としては、六甲山の自然の向こうに広がる大阪、神戸の都市の風景を提供していました。天気も良く、気持ちの良い日を過ごせました。