ゴールデンウィーク中、時間ができたので三重県の関宿に訪れました。駅の方から歩いて行くと、まず地蔵院にぶつかりました。

地蔵院の横には約2キロに渡る関宿の街道が延びています。200軒ほどの町家が綺麗に保存されています。東海道五十三次としては47番目の宿場町です。

観光地化されている綺麗さとはまた違った素朴な清潔感がありました。各民家の前に飾られている花々が茶褐色を基調とした街並にに色を添えます。

中にはアンティークの品々が置かれたお店、カフェなどがあります。こちらは『ナガオ薬局』。

さらに歩くと『而今禾』という天然素材工房があります。奥のカフェへ抜ける土間のような通路、この空間が気に入りました。

冒険心を駆り立てられる手すりのない木製の階段を登った2階からの眺め。また訪れたい場所となりました。

たくさんのノスタルジックな風景に癒された休日となりました。